logo

Concept

Eat with nature
自然とともに食す
食でつながるレストラン

Eat with nature/自然とともに食す
食でつながるレストラン

いなべの自然で育まれた命を、いなべの自然を感じながらいただく。
五感でいなべとつながる体験を。
三重県最北端のまち、いなべ市に1日限定のレストランを開催する「グリーンクリエイティブいなべ」主催のプロジェクトです。
いなべのフィールドで活躍する生産者やシェフたちによるおもてなし。
場所を変え、人を変え、季節を変え。その日、その瞬間しか味わうことのできない食を通じた体験を提供していきます。

Charm of Inabe food

土地が持つ稀有なパワーが宿る

鈴鹿山脈の麓に位置するいなべ市は、日本海側と太平洋側の気候がぶつかり合い、多種多様な植物が育つ。この地で育つ食材たちは、そんないなべの土地が持つ稀有なパワーが宿っている。澄んだ空気に綺麗な水、活きた土。そして、つくり手たちの想いが込められている。野菜、肉、米、小麦、茶、蕎麦…。さまざまな食材たちが一番美味しい“旬”間を引き出していきます。

new tour

2023年12月9日(土)。約1年半ぶりに第3回のツアーがNordisk Hygge Circles UGAKEIで開催されます。

new report

2022年4月中旬。春の芽吹きを感じるこの季節に第2回のツアーが宇賀渓で開催されました。

Past report

2021年11月末
Eat with natureいなべの自然とともに食す初のツアーが開催されました。

Player

いなべには多種多様な人々が活躍しています。ここでは、ツアーに関わった方々をご紹介します。

八風農園 寺園 風

OUTDOOR CREATOR 安田 佳弘

食肉加工屋FUCHITEI シェフ 泓 昂溫

岡茶家 岡 記善

宇賀渓観光アドバイザー 諸岡良治

Bistrot Chez Sugi シェフ 杉本 佳津男

Sustainable efforts

レストランで出たゴミはコンポストへ
次なる命の源に

EAT WITH NATUREの取り組みでは、料理の際に出たゴミをコンポストに戻して堆肥を作ります。その堆肥をもとに野菜を育てて、次なる命の源になることでサスティナブルの実現を目指しています。