EAT WITH NATURE VOL.02

EAT WITH NATURE VOL.02

第二回

鈴鹿山脈が恵む湧水と大地で育った石榑茶と宇賀渓の自然に触れ、フレンチシェフのいなべキュイジーヌを味わう

第2回は、鈴鹿山脈の自然を肌で感じる旅を。いなべの石榑茶を特別な茶席で味わい、鈴鹿随一の渓谷と称される宇賀渓では、古くからの炭焼き文化や清流と木々を感じながらトレッキングします。最後に、フレンチシェフがいなべのさまざまな恵みを最高の料理に仕上げます。

※料理はイメージです。

宇賀渓の旅で体験できること

FeeL ISHIGURE TEA

茶畑で感じる石榑茶

岡製茶

宇賀渓より溢れ出る清冽な水と恵まれた土質によってはぐくまれた茶葉を100年守り続けてきた岡製茶。茶畑との日限りの茶席で、石榑茶ならではのコクと地味深い濃厚なお茶を体感する。

experience Ugakei

自然・文化に触れるトレッキング

宇賀渓観光協会

2022オープンのアウトドアフィールド「Nordisk Hygge Circles UGAKEI」を間近に、宇賀渓を熟知する諸岡さんとこの地が醸し出す自然の心地よさを感じながら、滝を目指す。

Inabe cuisine

いなべ食材で新たなフレンチを

ビストロ シェ・スギ

いなべの自然が生み出したさまざまな食材がフレンチならではの調理方法で生まれ変わる。メインには、いなべが誇る至高の牛肉、いなべ牛。ミシュランガイドにも掲載された確かな腕が最高の料理を作り上げる。

ツアー工程表

実施日2022年4月15日(金)
申込締切

2022年4月10日(日)まで

所要時間約7時間半
行程12:00 桑名駅東口集合・受付
12:15 出発
↓(バスで約45分)
13:00 岡製茶で工場見学及びお茶体験 約90分
↓(バスで約10分)
15:00 竜のコバ・宇賀渓でトレッキング体験 約90分(休憩含む)

16:30 竜のコバ到着(休憩)
17:00 竜のコバでディナータイム(屋内・屋外) 約120分
19:15 宇賀渓出発
20:00 桑名駅着・解散
※現地へ直接お越しになりたい方は別途ご相談下さい
定員20名様
条件年齢制限:満20歳以上
最少催行人員:10名様
朝食:0回/昼食:0回/夕食:1回
添乗員: なし バスガイド:なし 現地係員: あり
雨天決行
旅行代金15,000円/人(税込)
料金に含まれるもの夕食代(フリードリンク)・バス乗車代・体験料
支払い方法各種クレジットカード、コンビニ・ATM、PayPal
※Peatixへの登録が必要となります
キャンセルポリシー10日前:旅行代金の20%
7日前:旅行代金の30%
前日:旅行代金の40%
当日:旅行代金の50%
無連絡不参加及び旅行開始後:旅行代金の100%
アクセスJR及び近畿日本鉄道 桑名駅  
 ※車で現地にお越しになりたい方はinfo@inabe-gci.jpまでお問い合わせください

[注意事項]

  • 屋外での体験及びトレッキングとなりますので、動きやすい服装でご参加ください。
  • 雨天でも実施しますが、場所や体験内容を変更する場合がございます。
  • 新型コロナウイルス感染防止対策とお客さまへのお願いを必ずご確認下さい。
  • 桑名駅までの交通費は各自ご負担となります。
  • 写真撮影を実施致しますので、掲載等NGの方は事前にお知らせ下さい。

定員に達しましたので、今回の応募は締め切りました

Sustainable efforts

レストランで出たゴミはコンポストへ
次なる命の源に

EAT WITH NATUREの取り組みでは、料理の際に出たゴミをコンポストに戻して堆肥を作ります。その堆肥をもとに野菜を育てて、次なる命の源になることでサスティナブルの実現を目指しています。

第2回レポート

鈴鹿山脈が恵む湧水と大地で育った石榑茶と宇賀渓の自然に触れ、フレンチシェフのいなべキュイジーヌを味わう 「Eat with nature/いなべの自然とともに食

Read More »

EAT WITH NATURE VOL.02

第二回 鈴鹿山脈が恵む湧水と大地で育った石榑茶と宇賀渓の自然に触れ、フレンチシェフのいなべキュイジーヌを味わう 第2回は、鈴鹿山脈の自然を肌で感じる旅を。いなべ

Read More »

第1回レポート

いなべの森で仕留めた鹿といなべの大地で育った旬の野菜を使い フレンチシェフが最高の料理に仕立てる 「Eat with nature/いなべの自然とともに食す」を

Read More »

EAT WITH NATURE VOL.01

第一回 いなべの森で仕留めた鹿と いなべの大地で育った旬の野菜を使い フレンチシェフが最高の料理に仕立てる 記念すべき第1回は、いなべの地に新たな風を吹き込んだ

Read More »